中村勘九郎が激やせした?家系図が凄かった?父親は中村勘三郎?

俳優

中村勘九郎さんが激やせした?との事です。いったい何があったのでしょうか?また、中村勘九郎さんの家系図が凄いとの事です。父親の中村勘三郎の最期とはどんなんだったのでしょうか?

今回は歌舞伎役者、俳優中村勘九郎(ナカムラカンクロウ)さんの激やせ、家系図、父親などについて調べていきたいと思います。

中村勘九郎が激やせしてる?大河ドラマの韋駄天のせい?

中村勘九郎さんと言えば、歌舞伎役者と言った感じですね。

東京都出身で1981年10月31日生まれ、現在37歳です。

屋号は中村屋で本名は波野雅行さんと言う名前です。

奥さんは女優の前田愛さんです。

最近では中村勘九郎さんが激やせをしたという噂がネットで流れていますが、奥さんと喧嘩でもしたのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。

中村勘九郎さんは2019年の1月から始まるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で五輪マラソン選手役をされます。

スポンサーリンク

その為に肉体改造をして体脂肪率11%までの肉体を作り上げたようです。

以下、2018年7月20日、茨城・つくばみらい市のワープステーション江戸で行われた取材内容です。

日本初の五輪マラソン選手、金栗四三(かなくり・しそう)を演じる主演の歌舞伎俳優、中村勘九郎は「『こんな大河見たことない』と言われるような最高の作品を作りたい」と宣言。

今年1月から“肉体改造”し体重は落とさず体脂肪だけ落としたという。「今は体脂肪率11%。がっちりした肉体作りを行っています」と日に焼けた顔で語った。

金栗の盟友、三島弥彦役の俳優、生田斗真は「とんでもないスケールで撮影されています。早くお客さまに届けたい」と自信の弁。

8月にスウェーデン・ストックホルムで大河ドラマとしては異例の海外ロケを行い、五輪スタジアムで約3週間撮影するという。

中村勘九郎さんが激やせしたのは2018年の1月から肉体改造を行われたからですね・・・

かなりストイックな方のようです。

さらに中村勘九郎さんは2019年に五輪マラソン選手役を作る為に2018年の7月からはマラソンの練習までされているようですね。

2019年の大河ドラマは歴史ものじゃなく五輪マラソン選手との事ですので役作りは大変のようです。

体調管理には妻で女優の前田愛さんの支えもあったとの事です。

 

中村勘九郎の家系図が凄かった?

中村勘九郎さんは屋号が中村屋で、8代の中村芝翫(しかん)さんは屋号が成駒屋(なりこまや)に

なるようですね。

ちなみに、成駒屋や中村屋の家系図を見ると、

前田愛さんの義父である故・中村勘三郎さんと中村橋之助さんは義兄弟なので、前田愛さんと三田寛子さんは親戚となる。

梨園関係者は言う。

どちらも奥さんは女優さんが多いようですね。

 

中村勘九郎の父親(中村勘三郎)の死去した死因が急性呼吸窮迫症候群とは?

中村勘九郎さんの父親は十八代目の中村勘三郎さんです。

残念ながら2012年に急性呼吸窮迫症候群でお亡くなりになりました。

スポンサーリンク

中村勘三郎死去した死因急性呼吸窮迫症候群との事ですが

病名が難しそうですね・・・

具体的にどんな病気だったのでしょうか?

歌舞伎俳優、中村勘三郎さん(享年57)は舞台復帰を願って食道がんの手術に踏み切ったものの、本人は「進行がん」であることを悟っていたことが後に伝えられた。治療の選択は果たして正しかったのか。

どうやら中村勘九郎父親(中村勘三郎)は食道がんだったようですね。

中村勘三郎さんは今年7月、12時間に及ぶ食道がんの摘出手術を受けた。一時は病棟内を歩けるほど回復したという。

しかし、ウイルス感染による肺炎を発症し、さらに急性呼吸窮迫症候群や肺水腫を発症。人工肺などで闘病を続け、今月5日、急性呼吸窮迫症候群のため亡くなった。

がんの摘出手術が終わった後にウイルス感染で肺炎を発症し急性呼吸窮迫症候群でなくなったんですね・・・

その為、摘出手術じゃなく、放射線治療の方が良かったのではとの声もありました、

同時期に食道がんで治療を受けた作家のなかにし礼さん(74)は、摘出手術が難しかったため、放射線治療の一種である陽子線治療で「がんが消えた」と告白している。勘三郎さんについても、抗がん剤や放射線治療などの選択肢はなかったのか。

との事です。

生前、「食道がんの手術前」に中村勘九郎父親(中村勘三郎)さんが

フジテレビのインタビューを受けられていて、

この様に話をされています。

「笑ってられないの、本当は」と心の内を吐露。進行がんであることを悟ったような口調で、5年生存率が低くても「完治する可能性」を信じて、主治医に全幅の信頼を置いていた。

とのことでしたが中村勘三郎さんは残念ながら無くなってしまいました、

ご冥福をお祈りいたします。

 

中村勘九郎の父親(中村勘三郎)の最期とは?

中村勘九郎父親(中村勘三郎)さんは初期の食道がんの手術を行い成功されましたが、

後にウィルスで肺炎になり、急性呼吸窮迫症候群で亡くなってしまわれましたが、

最期はどの様な感じだったのでしょうか?

どうやら食道がんの手術後に女優の大竹しのぶさんが中村勘三郎さんの元を訪ねていたようです。

大竹しのぶさんは、食道がん手術の2日後に中村勘三郎さんを訪ねたところ、「私に見せるためと痛み止めをうち、『もう(痛み止めが)利いた』と、せっかちなあなたらしく看護婦さんを困らせながら、ICU(特殊治療施設)を歩いてくれました。

たくさんの管をつけ、点滴を引きずりながら、ゆっくりゆっくり。けれど確かな足取りで歩くあなたに、まるで花道を歩いているあなたに向けるように大きな熱い拍手を送りました。うれしそうに、ちょっと恥ずかしそうに『大竹しのぶに拍手もらっちゃったよ』って。

もちろん支えてくれた看護婦さんへのありがとうを忘れませんでした」と、中村勘三郎さんの愛される人柄も紹介した。

その後、再び闘病生活を送ることになった中村勘三郎さんは、そこでも「皆に相変わらず愛されてました」といい、「思うように体が動かせなくても表情と手首だけで見得を切り、看護師さんから拍手をもらってました。

意識がはっきりしていなくても、芝居の話をすると大きく目を開き、私たちの話を聞いてくれましたね」と、常に歌舞伎のことを考え、復帰を熱望していた中村勘三郎さんらしいエピソードを明かした。

中村勘三郎さんは病気で苦しい中でも、

看護婦さんへの感謝の気持ちを忘れなかったり、

体が思うように動かせない状態でも「表情と手首だけで見得を切ったり」と相手の気配りや、

また常に歌舞伎の事を考えて復帰される気持ちでいらっしゃったようですね。

スポンサーリンク

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました