仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子の病気は難病?病名はパーキンソン?結婚して子供いる?

今回は俳優でタレント仲村トオル(ナカムラトオル)さんの奥さんの病気や子供について調べていきたいと思います。

仲村トオルの嫁・鷲尾いさ子とは?

仲村トオルさんと言えばドラマやCMで良くお見かけいたします。結婚はされているようで、鷲尾いさ子さんとご結婚されているようです。鷲尾いさ子さんとはどのような方のでしょうか?

 

↑こちらが奥さんの鷲尾いさ子さんです。

 

仲村トオルと鷲尾いさ子の馴れ初め

↑ドラマ「俺たちのルーキーコップ」の画像です。

芸能界一の長身美男美女カップル…そんな呼び名も高い仲村トオル・鷲尾いさ子夫妻。そんな二人の馴れ初めは1992年のドラマ共演からだったと言います。

1992年の自身の主演ドラマ『俺たちルーキーコップ』での相手役で、その共演が交際と結婚へのきっかけとなった。当時はマスコミに悟られないように、注意を払いながら交際していたそうです。そして1995年9月に結婚。

二人揃っての結婚会見を開いた時に見せた鷲尾いさ子さんの美しい涙も印象的でした。

スポンサーリンク

ドラマの共演がきっかけになりご結婚されたようですね。

 

仲村トオルと鷲尾いさ子の結婚発表!

1995年の5月に結婚された、仲村トオルさんと鷲尾いさ子さんの記者会見の画像です。

会見でどこに引かれたのかを聞かれた仲村は「全部が好き」と答え、鷲尾も「私も一緒です。私が柳のように揺れても彼が足をしっかりつかんで倒れないようにしてくれる」とのろけた。長い間マスコミにひた隠し、やっとゴールインできたことに鷲尾は「この日が来るとは思っていなかった」と語って涙を浮かべた。

お二人の結婚が後に「ジミ婚ブーム」の先駆けと言われるようになります。

 

仲村トオルと鷲尾いさ子のcmって?

↑花王、シャンプー(メリット)のCMでお二人が共演されております。キッチリと父役と母役としてお二人が共演されています。画像はfatherとして出演されている仲村トオルさん

mother、母として出演されている鷲尾いさ子さん。

 

仲村トオルと鷲尾いさ子の子供は?

スポンサーリンク

お子さんは2人でお二人とも女の子です。

結婚後は1999年に長女、2004年に次女が生まれています。

鷲尾いさ子さん似の美人さんでしょうか。どちらに似ても可愛いこと間違いなしですね。

ネットで探してみたのですが、残念ながら公表されておらず、画像も見つかりませんでした。

 

鷲尾いさ子の病気は難病?

確かに最近、鷲尾いさ子さんをテレビやCMなどでお見かけすることはありませんが、今現在、病気にかかっているのでしょうか?

 

2013年に週刊誌「女性セブン」にて、仲村トオルさんの嫁鷲尾いさ子さんが難病にかかっていると報じられています。「実は、鷲尾さんが数年前から重病を患っているんです。症状はいい時もあるんですが悪い時になると歩くのもやっとで、外出することもままならない状態になるそうです」

原因は不明。完治の難しい病気だった。日本健康教育振興協会の菅原道仁会長がこの病気について説明する。

「50~60才くらいのかたに多い病気ですが、若いかたにも発症例が少なくありません。進行していくと、歩行や会話も困難になってしまう可能性もあります。現在は投薬やリハビリ治療によって日常生活に支障が出ないようにすることができるようになってきました」

どうやら鷲尾いさ子さんが原因不明の難病にかかっているようです。ですが、仲村トオルさんが献身的なサポートをされていらっしゃるようでお互いに愛を感じますね。

 

鷲尾いさ子の病名はパーキンソン病?

未来や過去に行き来する車、デロリアンに乗って活躍する映画の「バックトゥザフューチャー」で「一世風靡」をした「マイケル・J・フォックス」さんも30才の時に「パーキンソン病」になって、その後の映画からぱったりと姿を消してしまいましたが鷲尾いさ子さんもパーキンソン病なのでしょうか?

鷲尾さんの病気については、公式には情報公開されていませんでした。しかし、近所の人の目撃情報等からネットに噂として出回ってしまったようです。

仲村トオルさんも所属事務所も病名は明かしていないのですが、2ちゃんやSNSなどでは鷲尾さんの症状に当てはまる病気についていろいろな推測や病名をあげています。

一応、噂のようで仲村トオルさんや鷲尾いさ子さんの口からははっきりした病名は告げられておりません。また、先ほどの「女性セブン」でのインタビューで日本健康教育振興協会の菅原道仁会長がこの病気についてパーキンソン病であれば言うような気も致しますので、本当に症例が稀な未知の難病か?病名を知っているけど公表したくないかのどちらかだと思います。

 

パーキンソン病とは

パーキンソン病とは、脳の幹にあたる黒質という部分の神経細胞が次第に減少し、その神経が働くときに使うドパミンという物質が減ることによって起こる病気です。 ドパミンは、脳において、運動の仕組みを調節するような働きを担っているため、ドパミンが減ることにより、動きが遅くなったり、体の緊張が高くなったりします。

パーキンソン病では次のような特徴的な症状が出現します

  1. 振戦(手足の震え)
  2. 動作緩慢(動作の鈍さ)
  3. 筋固縮(筋肉の固さ)
  4. 歩行障害、姿勢反射障害(小刻みで足をすった歩き方、転倒しやすさ)

パーキンソン病を患うと日常の歩行などに障害が発生したりして歩くことが困難になったりするみたいですね。また、重症度もあるようで、酷い症状であれば介助も必要となる場合もあるそうです。

スポンサーリンク

コメント入力欄

コメントをどうぞ!

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)