西城秀樹の姉の現在は?ステーキハウス経営?文春写真有!あねの息子って誰?

今回は歌手、俳優西城秀樹(サイジョウヒデキ)さんのについて調べていきたいと思います。

西城秀樹の姉の現在は?

「傷だらけのローラ」、「ヤングマン」、『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマの「走れ正直者」などの歌を歌われている、西城秀樹さんですが2018年5月17日に「うっ血性心不全」で63才でお亡くなりになりました。秀樹ロスと言う言葉もできたくらい人気のある方なんだな~と、その時はあらためて感じましたね。

そんな中、ネットでは西城秀樹さんのお姉さんが良く検索されているようです。果たして西城秀樹さんのお姉さんはどんな方なのでしょうか?

西城秀樹さんの実姉の名前は木本絵里子さんと言うようです。西城秀樹さんと実姉の木本絵理子さんは在日韓国人だといわれていて、西城秀樹さんの本名も木本達夫。

ただ、そのお姉さんには、ある噂があるんです。その噂が、山〇組の若頭、宅見勝さんの愛人だった・・・というものです。

結構、衝撃的な情報です。お姉さんはそっち系の方とお付き合いがあったんですかね?

 

姉の絵里子さんは山口組の宅見勝さんとは大阪市のクラブで出会ったそうです。

スポンサーリンク

1979年に2人の間に男の子が産まれています。また、お姉さんには4歳になる女の子がいました。1982年に宅見勝さんは自分の父方の伯母と養子縁組をさせ、絵里子さんに宅見という苗字を名乗らせている。

 

押尾学さんの保釈金を出したのは、押尾学さんのバンドのドラマーで、ドラマーの母親は絵里子さん。そして、父親は宅見勝さんということなんです。

西城秀樹さんにとって、お姉さんである絵里子さんの子供は甥っ子になるわけですよね。同じ音楽の道に進んだというのは嬉しかったでしょうね。また、西城秀樹さんの影響で音楽の道に進んだという可能性もありますよね。

 

西城秀樹の姉はステーキハウス経営?

ママがサプライズに、ロ-ズバスセットをプレゼントして下さいました。
(実はまじで、西城秀樹さんのお姉さまです!)

「瀬里奈」
電話 06-6213-2525
住所 大阪市中央区島之内2-11-20

↑ファンの方の情報のようです。本当にお姉さんが経営されているのか微妙ですが、ネットで調べると出てきますね。

 

西城秀樹の姉の文春写真有?

左の西城秀樹さんの見出しに四カ月前、この世を去った西城の墓の隣には「俗名 宅見勝」の墓石が立つ。芸能界入りに反対する両親を説き伏せて、弟の夢を後押しした姉。その内縁の夫は、山〇組伝説の若頭だったーー。昭和、平成を駆け抜けたスターとそれを陰で支えた女性の物語。

スポンサーリンク

 磨きあげられた光沢のある御影石は、ふんわりとしたまだら模様が沈み、何ともいえない風合いを感じた。その見事な墓碑が、左右対称に二つ並んで建っている。見たところ墓の高さも広さも同じだ。どちらも白やピンクの色鮮やかな造花の胡蝶蘭に彩られている。数多くの国宝を所蔵する四天王寺(大阪市天王寺区)の広大な墓地で、その二つの墓は際立っていた。

墓碑に刻まれた家紋は、左側が「丸に蔦柏」、右が「桔梗」である。桔梗は木本家の紋に違いない。墓石の背には、木本龍雄の文字があった。五月に亡くなった西城秀樹の本名である。四天王寺に建立された木本家の墓には、実父の三朗と実母の靖子が秀樹とともに眠り、健在である長兄の龍一郎の名も赤文字で刻まれている。

そして、左隣に建つもう一つの墓碑、「丸に蔦柏」紋の横には「宅見家」とあった。墓石のうしろには、「宅見恵美子建之」と記されている。恵美子は知る人ぞ知る秀樹の実姉だ。日本最大の広域指定〇力団山〇組のナンバー2として斯界に君臨した宅見勝の内縁の妻として、芸能界でもその名が知られてきた。(以下略)

ノンフィクションライターの森功さんが文春で西城秀樹さんと姉の短期連載をされているようです。

 

西城秀樹の姉の息子って?

↑日本のミュージシャン、作曲家、編曲家の宅見将典さんwikipediaにも叔父は西城秀樹と記述されます。

宅見勝は山口系〇力団の若頭でしたが、1997年に射殺。絵里子さんは宅見との間に息子がおり、それが音楽プロデューサーの宅見将典さん。宅見将典さんは西城さんの楽曲提供やバックバンドで演奏するなど、接点があります。このことから噂は本当なのではないかと言われています。

押尾学さんのLivの元ドラマーと噂される宅見将典さん

【PV】ジャパニーズロックファイター / アンダーグラフで西城秀樹さんと共演されていますね。また、AKB48やEXILEなどにも楽曲の提供をされたりもしているので、かなりの実力者のようです。

宅見将典の経歴

  • 2003年、sirenを脱退し、作曲家、プロデューサーとしての活動をスタートする。
  • 2011年、AAA「CALL」作曲で第53回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞する。同年、第53回グラミー賞、スライ&ロビーのアルバム『One Pop Reggae』にギタリストとして参加、レゲエ部門でノミネートされる。
  • ジャンルにとらわれない様々なアーティストに楽曲を提供し、主に作曲家、編曲家、サウンド・プロデューサー、ギタリスト、ドラマーとして活動中である。

ネットで検索してみたのですがはっきりと宅見勝の息子だとか公の場で語られている物はなかったです。イメージが悪いですし、いいズライものだとは思います。

スポンサーリンク

コメント入力欄

コメントをどうぞ!

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)