千秋の父親は藤本勝司で会社は日本板硝子?実家の場所は青葉台?

タレント

今回は歌手タレントの千秋(チアキ)さんの父親や実家について知らべて行きたいと思います。千秋さんの父親は有名な大企業の会長との噂があります。父親千秋さん同様で阪神ファンなのか?など気になる点も調べていきたいと思います。

千秋の父親は藤本勝司で会社は日本板硝子?

千秋さんの父親は「藤本勝司」さんと言うお名前です!

ちなみに父親藤本勝司さんは東証一部上場企業の日本板硝子の会長まで勤められた方でとても凄い方のようです。

藤本勝司さんは2019年現在、75歳ですが、相談役として、今もこの企業の役員を務めていらっしゃるそうです。

藤本勝司さんが勤められている会社日本板硝子は住友グループの系列で、
世界のガラス産業を牽引する世界最大級のトップメーカーです!

従業員数は27000人!
世界に28カ国の生産拠点を持って130カ国で製品の販売をしており、2015年の3月期の売上高は6000億以上です!

現在、全世界で30,000社以上のサプライヤーと取引されて11000件以上の受注と年間3000億もの資金が動いています。

あくまで企業としての年商ですが、藤本前会長個人の年収(2009年調べ)は1億4100万円との事!!個人の収入が100億以上あります!

との事で、とても凄い企業ですね。

千秋さんはめっちゃお金持ちでお嬢様だったんですね~。

芸能人の気になる話題!!
https://kininaruword.com/haiyuu/endou-syouzou-yome
芸能人の気になる話題を紹介していきます

↑ちなみに遠藤章造さんと離婚された時の原因も千秋さんが投資に使用してしまい、金遣いが荒いとの事でしたが、これ程の大企業の娘であれば金遣いが荒いのは当然かもしれないですね。

 

千秋と父親の実家の場所は青葉台で金持ち?

千秋さんの父親は「藤本勝司」さんで、日本板硝子の役員をされているとの事ですので金持ちではありますね。

藤本勝司さんは2013年に会長職を辞めた際に、1億1100万円の役員報酬を受けとっているようです。普通の人間は稼げない金額ですよね。

千秋さんの実家の場所は青葉台にあるのでしょうか?

千秋さんのウィキペディアを調べて見た所、出身地は千葉県市原市青葉台となっていました。学生時代は千葉県市原市青葉台で過ごされているんじゃないかと推測されます。

 

千秋の父親は藤本勝司:仕事はガラス製造で会長職なの?

千秋さんの父親藤本勝司さんで会社ガラス製造の日本板硝子会長職までされていたとの事です。

しかし、ウキペディアによりますと、藤本勝司さんは2008年6月 に取締役会長に就任しますが、

リーマンショックなどの影響で巨額の赤字を計上する事態や2012年にはムーディーズ・ジャパンからグループ全体の信用格付けをBa3になってしまい、

2013年には会長職を引責辞任したようで、今現在は役員で相談役をされているようですね。

また藤本勝司さんは2013年に会長職を辞めた際に、1億1100万円の役員報酬を受けとっているようです。凄い金額ですね。

 

千秋の父親は藤本勝司:学歴や画像はある?阪神ファン?

↑こちらの画像千秋さんの父親日本板硝子会社の役員の藤本勝司さんです。

千秋さんの父親藤本勝司さんですが会長まで行くほどなので学歴が凄いとの事です。またプライベートな面では千秋さんと同じ阪神ファンなのでしょうか?

父親藤本勝司さんは兵庫県出身で学歴

甲陽学院高等学校を経て

京都大学工学部工業化学科卒業、

京都大学大学院工学研究科修了をされています。

京都大学工学部工業化学科の偏差値が62.5ですのでかなり高いですね。さらに大学院まで修了されています。

ちなみに千秋さんの出身大学は「青葉学園短期大学」で偏差値43(当時)で、今現在は閉校になっています。

千秋さんの父親阪神ファンなのか?についてですが、

父親藤本勝司さんは千秋さんと同様にプロ野球の阪神タイガースの熱狂的なファンだそうで、

阪神タイガース公認の阪神後援会「道一筋会」を作る発起人にもなった

との事です。

父親の影響を受けて千秋さんもこの会員になっているとのことです。千秋さんの阪神ファンは父親から影響されたものだったんですね。

 

千秋の父親と出川哲朗との関係は?

ネットで検索すると「千秋?父親 出川」と関連キーワードが出てきます。これはいったいどういう意味なのでしょうか?調べて見た所、どうやら千秋さんの父親藤本勝司さんは出川さんについてある言葉を千秋さんに話していたようです。

2017年12月2日に放送の「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)で、千秋さんが、20年前に父親から授けられた言葉を明かした。

同番組の中で

出川哲朗千秋さんはスクーターで舞鶴市を疾走ながら「ウチのお父さんはね」と切り出すと、「ウド(鈴木)ちゃんがどこの者かも分からないとき、出川さんが嫌われ者ナンバーワンだったときに、

私が仲良くしてるって言ったら『あのふたりは本当にできた人間だから一生大事にしなさい』って言ったの」と明かしたのだ。

との事です。

この言葉に対して、

同行ディレクターの縫田輝久氏は「すばらしい。さすが上に立つ人は見てますね」と感動。

さらに、出川哲朗さんも

出川「いや、すごいでしょ? これ、今じゃないですよ。20年前」とうれしそうに強調

との事です。確かに、出川哲朗さんは昔は話し方に特徴もあり、嫌われキャラでしたが、今は真逆で好感度がいいタレントになっていますね。ウド鈴木さんも特徴のあるキャラクターですが、好感度がいいタレントさんのように感じます。

千秋さんの父親藤本勝司さんは仕事がらか20年前からその事を見抜かれていたのかもしれないですね。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました